文字には書体がある

教科書体とは呼んで字の通り、「教科書で使われている書体」ということです。
書体と似た言葉に字体、字形、書風があり、これらは紛らわしいのでちょっと整理しておきましょう。

字体
文字の骨格、見てその字だとわかる線の集合体のことです。自分が書いた字の横線が誰かが書いたお手本と違って多少曲がっていても、誰もが読めるのであれば、字体はお手本と同じだということができます。
抽象的な概念ですね。
一方、例えば同じ「たかい」でも、人名で使われる「髙」は学校で習う「高」の異体字で字体が違います。「滝」と「瀧」も違います。「瀧」は「滝」の旧字体になります。

字形
文字を書いた時の形のことです。横線がお手本と違って曲がっていると、字形がちょっと違うということになります。
きれいな字かどうかは字形で決まるわけです。

書体
文字のデザインのことです。手書きの漢字にはきちんと書くときに使う楷書、崩し字の草書や行書、はんこなどに使われることの多い隷書や篆書といった書体があります。
印刷用の活字体には明朝体やゴシック体など、多くの書体があります。今回取り上げる教科書体も印刷用の文字の一種になります。
デジタル界で使われるフォントは書体と同じ意味です。

書風
手書き文字に現れる個性のことです。同じ楷書体であっても、書く人や使う道具によって印象の違う文字になります。

 

教科書体とは

先ほど書いたように、教科書体とは呼んで字の通り、「教科書で使われている書体」ということですが、教科体は教科書の誕生からかなり後になってから誕生しました。

もともと教科書は新聞などに使われている明朝体で書かれていました。
「小学校学習指導要領」の「国語」に「別表」として示されている「学年別漢字配当表」にある漢字の書体が明朝体だったからです。
ところが、明朝体は書体の特長として「撥ね」を独立した1画として書きます。また「打ち込み」「ウロコ」などと呼ばれる装飾もついています。
そのため漢字を習い始めたばかりの小学生が画数や筆運びを間違えて覚えてしまうという事故がおこりやすいのです。
例えば衣は6画の字ですが、明朝体では「衣」となるので、これをまねて書くと7画になってしまいます。
辞書を引けなくなってしまいますね。
そのため、より手書き文字に近い教科書用の書体が作られることになりました。
字形はそれぞれの教科書出版社で作られていて、特に小学生用の教科書は主に教科書体が使われています。

 

小学生用のひらがなの教科書体は出版社によって少し違う

前項で書いたように、漢字の教科書体は「学年別漢字配当表」の書体をもとに作られました。
しかしひらがなには見本となる書体がありません。
また、ひらがなは何種類もの曲線の組み合わせでできており、もともとは連綿(つづけ字)と言って文字同士がつながっているものでした。
1文字ずつ正方形の活字のなかに収めるのに向いていない文字なのです。
そのため、どこをポイントに書体を整えていくか、出版社によって考え方が少しずつ違うという現象が生まれました。
教科書体とひとくくりに呼ばれていても字形は統一されていないということです。
もちろんどれも文科省の検定を通っているのですから「正しい」文字です。

例えば「な」
教科書を比べてみると違いはたくさん見つかりますが、代表的なものとして「な」があげられます。
「な」の終わり方が三角結びのものと横長結びのものがあるのです。
どうしてでしょうか。
ん?三角結びって何?そうですね、三角結びとは何かも含めて「な」の教科書体について解説します。

 

「な」の成り立ちは?
終わり方は三角結びか横長結びか
「な」のもとになった漢字は「奈」ですこれを崩した結果「な」になったのですが、最後の結びの部分は「奈」の縦棒と、その両側の点の部分に対応します。だから左右対称の形がふさわしいということになります。
一方、「は」はもとになった漢字が「波」です。文字のおわりは左払いから右払いに線がつながり右斜め下におりるので「は」の最後も右斜め下におりるのです。これが横長結びです。


名づけ方にはいろいろあるようですが、ここでは徐々に多用されるようになってきているという個人的印象があるので三角結び、横長結びという呼び名を使っています。

では、なぜふさわしい形から離れた教科書体があるのでしょうか
教科書会社の説明では
「平仮名を初めて学習する小学校1年生の発達段階を考えたためです。文字によって結びが三角結びと横長結びという二種類の形を示すことで,児童が不必要に混乱し,学習の負担が大きくならないよう配慮しています。」
(東京書籍HP https://www.tokyo-shoseki.co.jp/question/e/shosya.html#q3より抜粋)
と、説明されています。
ひらがなの曲線は種類が多いので似ているものをまとめてしまえば少しはわかりやすくなるのではないかという考えなのですね。
そのため、「な」「ほ」「ま」「ね」といった三角結びで書かれてきた文字を「は」「ぬ」と同じ横長結びで表現する出版社があるのです。
このように似ている部分をまとめようという考え方は現行の国語の教科書の出版社5社すべてで行われています。
ただ、どのようにまとめるかという点で考え方が少しずつ違うのです。

なお、筆での仮名書きが始まる中1の書写の教科書では、このようなまとめはなく、「な」「ほ」「ま」「ね」は三角結び、「は」「ぬ」は横長結びになっています。

_____________________

いかがでしたか? この話は〈かな学習室〉で実際に幼児指導で好評のひらがな教材「ひらがなごりら」を制作する際に調べ、まとめたものです

かな学習室は新座市・東久留米市の中学生・小学生・幼児の皆さんのための思考力を養う塾です。中学受験、高校受験で高い合格実績を出しています。
一人ひとり、最も効果的なオーダーメイドプランを作り個別指導しています。