読み聞かせがいいことはわかっているけれど、うまくいかないということもありますね。

「読み聞かせしても、どこかにいっちゃいます。」

「図鑑なら見るけど、お話はねぇ。興味ないみたい。」

男の子にありがちなこんな場合、どうしたらいいのでしょう。

読み聞かせは幸せを運んできますから、諦めるのはもったいないですね。

 

いきなり物語を読んでも、興味が持てないのにはわけがあります。

男の子は言葉の発達が女の子より遅いと言われています。

そのため、読み聞かせを始めようかなと思うタイミングが、その子にとって早すぎると解らない言葉が多いし、遅いと別の遊びの面白さにはまってしまったあとかもしれません。

できれば、言葉をしゃべるかどうかに関係なく、ゼロ歳から本で遊んで本に慣らすといいのです。

 

遊ぶというと、しかけ絵本や「いないいないばあ」といった本を思い浮かべる方もあるでしょう。

そういう本でもいいのですが、しかけ絵本は動かすことに関心が集中しがちですから、あまりお勧めしません。

まず、子どもが普段興味を持っているものが出てくる本を選びます。図鑑でもいいのです。

そして、お話を読むのではなく、絵を見てそこに描いてあるものについておしゃべりをしましょう。

ママが思いつくことを言うのでもいいですし、「たんぽぽ、ど~こだ。」というように、絵の中に描かれているものを探すのでもいいでしょう。

ただ、探すことが目的の本も、探すゲームに集中してしまうかもしれません。

しかけ絵本や「探す本」がマイナスになるわけではありません。そういう本はそれでいいのですが、読み聞かせにつながりにくいかもしれないということです。

 

図書館で本を借りて、ママと子どもに合う本、親子で楽しめる本を探しましょう。

○歳向けということはあまり気にしなくて構いません。

いろいろな本を読むことが目的ではなく、「おなじみの本」を作るのが目的です。

 

見つかったら、毎日寝る前に開くようにしましょう。

見る時間は数分でもいいのです。

気を付けるのは、本を開くきっかけです。

「さあ、読みますよ。」という構えた感じは子どもの協力を引き出せないかもしれません。

ます、だっこして、なでたり、背中をとんとんしたりしましょう。ママもリラックスして、声のトーンを落としましょう。「太郎くんはいい子ねぇ。」というような癒しの言葉を穏やかにかけるのもいいでしょう。

穏やかになったら、そこで本の登場です。

例えば「しょうぼうじどうしゃじぷた」なら、「消防自動車だねぇ。」「大きいのも、小さいのもいるね。」「この子はじぷたっていうんだって。」と話しかけます。この時も穏やかに。面白がらせよう、興味を引こうとすると、興奮を呼んでしまい、かえって本から離れてしまうかもしれません。

 

子どもが途中であれこれ話を始める場合は、子どもに合わせましょう。本の中の話なら「そうね、。」と反応すればいいですし、ちょっとそれているなら、いったん受け止めて話を戻します。でも、全く関係ない話ばかりするようでしたら、切り上げるタイミングかもしれません。無理をしないで、また明日本を開けばいいのです。

 

子どもが興味を示した本があったら、同じ本を何度も見るようにします。毎日毎日、同じ本と言うことになるかもしれません。お気に入りの本が少ないと、ママはちょっと飽きてしまうかもしれませんね。でも、子どもがその本を我が物にするにはしつこいほどの回数が必要なことがあります。お気に入りの本が何冊も見つかるといいですね。

 

普段の会話の中にも本の登場人物を取り入れると更に効果大。

「じぷた」が好きなら、急ぐときにじぷたのようにサイレンを鳴らす(口でう~~と言う)とか、「じぷたのようにがんばって、坂を上ろうね。」とか言うのです。

 

本の遊びと並行して、様子を表す言葉を使いこなせるような言葉遊びもしましょう。(→男の子には言葉のプレゼントを)

 

お気に入りの本に慣れた時にはもう、いつの間にかお話の内容を把握しているでしょう。

きちんとお話を聞いてくれるようになれば理想ですが、理想がかなうのは次の本か、次の次の本かもしれません。あせらず、子どもの様子を見ながら進めましょう。

お気に入りの本は成長とともに変わっていきます。いつも、いくつかの本を試すようにしましょう。

 

ちょっと大変かなあと思われるかもしれませんが、学校に上がってから勉強がうまくいかなければ、10倍も100倍も大変になります。読み聞かせには言葉を増やし、人の話を聞く力を育てる効果があります。授業の聞き方も変わるのです。

 

ママにも幸せな時間が訪れます。

ぜひ、読み聞かせにチャレンジしてみてください。